スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テーマ : Skyrim - ジャンル : ゲーム

髪mesh作成手順 for Modders

ご要望により、TES5における髪型Meshの作成手順を公開いたします。
これはネットで得た情報と、自分で手探りで試したことの成果に過ぎません。
もっとスマートな方法があるかもしれません。


今回は、とり急ぎテキストのみでの解説です。
そのため、TESMODに対するある程度の知識とblender及びnifskopeを扱うスキルがある方が対象となります。
最低でも、こちらのTES4髪MOD作成手引きの記事群が理解できる(できている)事が前提となります。

初心者向けの画像っを使っての説明なんかは次回以降ということでご勘弁を・・・


以下本題

使用ツール
・ blender 2.49b
・ nifscope 1.1.0-RC5

用意しておくData
・ HeadMesh
・ バニラのHairlineMesh(今回はバニラを流用するため)
・ 拙作Hair09.nif(Armatureの流用・ウエイトコピー元として)
バニラmeshを選ばないのは髪が短いため。他の髪MODのmeshを選ばないのは…apachii氏のをimportしてみれば判りますが、少し不都合があるためです。

nifskopeでの作業 for import
nifファイルをblenderで読むためには予め以下の前処理が必要
1.NiHeaderのプロパティー
  ・User Versionを"11"に変更
  ・User Version 2を"34"に変更

2.BSLightingShaderPropertyをRemove Branch

headmeshの原点座標を(0,0,0)に変更してobj出力しておきます。


■ blenderでの作業
1.HeadMesh(obj)を回転なし10倍スケールでimport。
2.Hairline(nif)をimport(FO3の設定で)してArmatureを削除。
3.拙作Hair09(nif)をimportしてメッシュobjectは他レイヤーにどけておく。
4.(1・2)で読んだHeadMeshとHairlineをガイドにしてオリジナル髪meshを作成。URL
5.髪Meshが完成したら、HeadMeshとHairlineMeshを削除。
6.完成した髪Meshを単一Objectにまとめる。
7.拙作Hair09のArmatureをparentにして、Hair09からウエイトをコピーする。
8.Hair09の髪Objectを削除して、Armatureと新髪Objectをnif export。(FO3の設定で)

nifskopeでの作業 for SKYRIM
髪nifを表示させるために以下の後処理が必要
1.NiTriShape内のNum Propertiesの値を"0"に書き換えてリフレッシュ。
2.行き場をなくしたBSShaderPPLightingProperty、NiStencilProperty、NiSpecularProperty、
  NiMaterialPropertyをRemove Branch。
3.NiHeaderのプロパティー
  ・User Versionを"12"に変更。
  ・User Version 2を"83"に変更

4.動作確認済のHairMeshのBSLightingShaderPropertyをNiTriShape内にコピーする
5.BSLightingShaderProperty>BSShaderTextureSetのTextures内のパスを
  自分が使いたいTextureのものに書き換える。
6.BSDismemberSkinInstance>Partitions>Partitions内、Part Flagの値を
  "PF_START_BONESET"のみに変更。
7.BSDismemberSkinInstance>Partitions>Partitions内、Body Partの値を"131"に変更。
8.NiTriShapeData内、Has Vertex Colorsの値を"yes"に変更後リフレッシュ。
9.NiAlphaPropertyをバニラMeshからコピる。
10.NiAlphaProperty内、Flagsの値を"4845"に変更。
11.NiAlphaProperty内、Thresholdの値を"50"に変更。


手順としては以上です。

なにぶん文字だけでの解説ですので、わかりにくいとか上手くいかないとかあれば、お気軽に御質問ください。完成したら髪型下さい。



AlphaPropertyについて。

Flags"4845"は、透過のクオリティーが高いがアルファ病が顕著。メッシュ重なり生成順の完璧な管理が必要になる値。

色々試しまくった結果、アルファ病が発生しないFlags"4846"/Threshold"192"という設定をHair09では採用しました。
Flags"4845"には透過品質で劣るものの、アルファ病が全く発生せず。
まあまあの妥協点かなと。
闘病生活に疲れたら、一度この設定をお試しあれb
スポンサーサイト



テーマ : Skyrim - ジャンル : ゲーム
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://ranskyrim.blog.fc2.com/tb.php/51-7be182aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。